MDS

松阪自動車学校「新型コロナウィルス等感染拡大防止」ガイドライン


新型コロナウィルスの感染拡大や収束等の見通しが立たない中、加えて今後インフルエンザの流行も重なる時機となることより、

本校内における感染を予防するため、下記のガイドラインを設定いたしております。

入校生の皆様には、同ガイドラインをお守りいただき、ご理解とご協力を今後ともよろしくお願いいたします。


~松阪自動車学校「新型コロナウィルス等感染拡大防止」ガイドライン~

当校は、以下の感染拡大防止対策を行いながら教習業務等を実施しております。


1 校内で遵守していただきたいこと

〇 微熱、せき、のどの痛み等の体調不良時は、当校を見合わせてください。
〇 校内において、上記体調不良等を感じた場合は、指導員または受付事務員等の職員に速やかに申し出てください。
〇 送迎バス内、校内においてはマスクを常時着用してください。
〇 授業(技能教習・学科教習)は、マスク着用していただけなければ受講ができません。運転できません。
〇 校内における休憩時等は、「密」を避けてください。
〇 各教室等への入退室時には、同出入口の備えてあります「消毒液」により手指の消毒をお願いするとともに、手洗い・うがい等の予防につとめてください。


2 校内待機場所等

〇 入校生が増加してきた際に伴う 「密」 対策のために、一階ロビー・二階自習室・廊下などは、状況をみて「密」を回避してください。
これらの教室等が授業中の場合は、使用できませんのでご注意ください。
〇 上記待機場所を含む校内施設(教室等)、教習車両では、冬季に感染予防の観点より、空気の換気を行いますので、換気中のご協力とご理解をお願いします。


3 新型コロナウィルス関係の対応

〇 保健所等から新型コロナウィルスの感染者(陽性者)、濃厚接触者として連絡を受けた入校生の方は、その旨を速やかにご連絡ください。
〇 自校(在学中の学校)において、新型コロナウィルス関係、インフルエンザ関係の学校閉鎖、学年・学級閉鎖等の措置がとられた場合、
感染者(インフルエンザを含む) 濃厚接触者は教習を中断とします、他の教習生の方については教習可能となります。
〇 上記措置の場合、自校(在学中の学校)の判断で「教習中止」の措置がとられた時は、そちらの判断を優先とさせていただきます。
〇 本校在学中は、不要不急の県外外出泊を避けるほか、「三密対策」に努めていただきますよう、お願いいたします。


4 その他留意事項

   ▼体温37度5分以上の方は受講できません。なお該当する職員は出勤させません。
   ▼教習車両では密閉対策として窓を開けて換気をしております。
   ▼教習中の指導員・検定員は、フェイスマスクを着用しております。
   ▼除菌シートによる教習車(シミュレーター機等)の拭き取り清掃をしております。
   ▼校内各施設においても、薬用消毒液による拭き取り清掃をしております。
   ▼入校申し込み時に確認を行い、感染の疑いがある方、海外への渡航歴(2週間以内)

   また、他県での在住者の方は来校を控えていただきます。(但し、当県で15日以上生活されている歴がある方は除く。)


今後、状況変化によっては再び方針変更が行われることを了承していただき

首都圏等のからの訪問者との接触は、当校卒業まで極力自粛していただきますようお願いいたします。

皆様にも「新しい生活様式」を取り入れた感染防止対策の徹底にご理解とご協力をお願いいたします。

                                                            以上